MADE IN OREGON

2022/05/30 18:20

不安から慢性的な痛み、筋肉の回復、炎症、にきび、関節炎まで、幅広い分野で健康問題の改善に役立つという研究が進むなか、ますますCBDが注目されています。それに伴い、自社商品こそ最も即効性があり、最も強力だと主張する新しいCBDブランドが次々に生まれています。

数多くの商品から自分にあったものを選ぶ際に、期待する健康改善をもたらしてくれるかという点は、重要な選択基準になります。その効果を測るには、定期的かつ一貫性のあるCBD摂取が不可欠で、いかにそれを日々のルーティンに組み込むことができるかと言うのも大事なポイントになってきます。

水溶性CBDは、CBD商品の中でも最も即効性があり、摂取しやすい提供形態の一つです。従来のCBDオイルは、バイオアベイラビリティが非常に低いため効率的に吸収・消化することができず、投与量が多くなりがちです。


ナノテクノロジーの進化のおかげで水溶性CBDが誕生したことにより、お好みのドリンクに混ぜても分離することなく、またサプリメントとしても簡単に摂取することができます。

水溶性CBDとは?
もともと疎水性で水に混ざりにくいCBDを、水に溶けやすくしたものが水溶性CBDです。例えばオイルベースのCBDを摂取すると、まず胃や肝臓、腎臓で成分を分解させる必要がありますが、人の体の60%は水で出来ているため、水溶性CBDだとより早く全身に行き渡ります。

水溶性CBDの製造方法は?
MYSTIC CBDでは、ナノテクノロジーと呼ばれる科学的プロセスを使用しています。超音波を使い、CBDを水に溶かすのに十分な小ささである、マイクロサイズの粒子にまで分解しています。

MYTIC CBDの水溶性CBDは、CBDクラスターを100ナノメートル以下に縮小化しています。なお、ナノメートルは、鉛筆の芯の100万分の1の大きさです。これほど小さいと、体への負担が少ないだけでなく、より強力になります。水溶性CBDは、従来のオイルベースのCBDよりも最大5倍強力です。

次回は水溶性CBDの長所と短所についてまとめていきます。

関連リンク:
水溶性CBDシリーズ