MADE IN OREGON

2022/06/01 15:57

CBDを新しいサプリメントとして摂取し始める前に、特に医薬品と併用する場合は医師にご相談のうえご使用ください。CBDはいくつかの薬や既往症との相性が良くなく、CBDがあなたにとって賢明な選択であるかどうかを判断するのに適切なアドバイスを得るようにしてください。

CBDは、健康サプリメントのように、異なるニーズやライフスタイルに対して万能な効果をもたらすものではありません。数多くのCBD商品から生活にあったものを選択する際は、その長所と短所を比較検証し、最高品質のCBDを選びましょう。水溶性CBDを選ぶメリットは次の通りです。

高いバイオアベイラビリティ
水溶性CBDのバイオアベイラビリティ(生物学的利用能)が高いということは、体がより簡単にCBDを吸収できることを意味します。その一方で、バイオアベイラビリティが低い商品は、体が消化するのに大きな労力を必要とします。

オイルをはじめとする従来の疎水性CBDは、バイオアベイラビリティが4%と非常に低い傾向です。水溶性でない場合、摂取したCBDの最大96%は体内で無駄になっていることを意味します。しかし、水溶性CBDは90%以上が体内で吸収・消化されます。

摂取量の測定が容易
特にCBDを喫煙やベイプする方法は、毎回吸い込む量が異なるため、摂取した量を測るのが困難です。前述の通り、オイルなどバイオアベイラビリティが低い方法で摂取しても多くのCBDが実際は廃棄されてしまいます。水溶性CBDにはどちらの課題もなく、一貫して摂取量を正確に測定することができます。

短所:稀に有害な製造プロセス
水溶性CBD自体にほとんど短所はありませんが、メーカーがどのように製品を作ったかを開示していることは消費者にとって重要な情報です。出来るだけコストを低く抑えるため、メーカーが製造プロセスでオイルベースの乳化材を使っているケースもあります。乳化材は炎症や胃腸の問題を引き起こす可能性があるため、レシチン、ミセルやリン脂質を含むリポソーム、ポリソルベートを含む水溶性CBDは使用を避けるようにしましょう。

MYSTIC CBDでは、商品を製造するために安全な方法のみを使用しています。

次回は水溶性CBDの摂取方法についてまとめていきます。

関連リンク:
MYSTIC CBD - 水溶性CBDシリーズ